スポンサーリンク

消防士採用試験対策|小論文で高得点を取る方法

採用試験を知る

消防士になるためには、筆記試験や体力試験だけでなく、小論文試験も突破しなければなりません。小論文試験では、消防士としての志望動機や適性、社会的な課題への見解などを文章で表現する能力が問われます。しかし、小論文を書くのはなかなか難しいものです。どんなテーマが出題されるのか、どのように書き始めるのか、どのように構成するのか、どのようにまとめるのか、など悩むポイントはたくさんあります。

そこで、この記事では、消防士採用試験の小論文試験について、例文、書き方のコツ、テーマなど、採用試験に合格するためのノウハウを紹介します。この記事を読めば、消防士採用試験の小論文試験に自信を持って臨めるようになるでしょう。

消防士採用試験の小論文試験とは

消防士採用試験の小論文試験とは、消防士としての適性や人間性、社会的な課題への関心や見識などを測る試験です。一般的には、消防士採用試験の筆記試験の一部として実施されます。小論文試験の出題形式は、以下のようなものがあります。

  • 志望動機や自己PRを書く
  • 消防士に関する事柄や社会的な問題について自分の意見を書く
  • 消防士に関する事柄や社会的な問題について与えられた資料を参考にして論じる
  • 消防士に関する事柄や社会的な問題について与えられた二つの立場から論じる

小論文試験の文字数は、300字から800字程度が多いです。時間は、30分から60分程度が一般的です。小論文試験の採点基準は、以下のようなものがあります。

  • 論旨が明確であるか
  • 論理が正しく展開されているか
  • 文章がわかりやすく整理されているか
  • 文法や表現が適切であるか
  • 消防士としての適性や人間性が伝わるか

小論文試験は、消防士採用試験の中でも重要な試験です。消防士としての思いや姿勢、社会への貢献意識などを文章で表現することで、採用担当者に自分をアピールするチャンスです。しかし、小論文を書くのは簡単ではありません。次の小見出しでは、小論文を書くときのコツを紹介します。先にイージーでわかりやすい方法を紹介します。その後の見出しで、さらに深掘りしたものを説明します。

消防士になりたい

試験対策

✔️採用試験 ✔️勉強の開始時期 ✔️筆記試験 ✔️体力試験 ✔️面接試験 ✔️小論文 ✔️併願

試験情報

✔️アドバイス ✔️募集人数 ✔️通信教育 ✔️採用説明会 ✔️浪人 ✔️視力 ✔️本部間の転職 ✔️情報収集 ✔予備校

消防士採用試験の小論文をPREP法で書くコツ

小論文試験に合格するためのPREP法を利用した小論文の書き方について紹介します。PREP法とは、Point(主張)、Reason(理由)、Example(例)、Point(主張の再確認)の頭文字をとったもので、小論文の構成や展開に役立つ方法です。PREP法を使えば、小論文のテーマに関係なく、自分の考えを明確に伝えることができます。消防士採用試験の小論文に挑む方は、ぜひ参考にしてください。

PREP法の基本的な流れは以下のようになります。

  1. Point(主張):自分の考えや意見を一言で述べる。
  2. Reason(理由):自分の考えや意見に対する根拠や論拠を述べる。
  3. Example(例):自分の考えや意見を具体的に示す事例やエピソードを述べる。
  4. Point(主張の再確認):自分の考えや意見を総括し、読者に印象づける。

PREP法を使うことで、小論文の段落が論理的で分かりやすくなります。また、自分の考えや意見を明確に伝えることができます。消防士採用試験の小論文では、消防士としての志望動機や適性、社会的な問題意識や判断力などを文章で表現する能力が問われますが、PREP法を使えば、それらを効果的にアピールすることができます。

PREP法を使って小論文を書く際には、以下のようなコツがあります。

  • Point(主張)は、テーマに対する自分の立場や答えを明確に述べることが大切です。読者が一目で自分の考えを理解できるように、簡潔で強い言葉を選びましょう。また、Point(主張)は、小論文の最初と最後にも書くことで、自分の考えを強調することができます。
  • Reason(理由)は、自分の考えや意見に対する根拠や論拠を述べることが大切です。読者が自分の考えに納得できるように、論理的で客観的な理由を挙げましょう。また、Reason(理由)は、一つではなく、複数の理由を述べることで、自分の考えを補強することができます。
  • Example(例)は、自分の考えや意見を具体的に示す事例やエピソードを述べることが大切です。読者が自分の考えに共感できるように、具体的で分かりやすい例を挙げましょう。また、Example(例)は、自分の経験や知識、ニュースや統計など、さまざまなソースから引用することで、自分の考えを裏付けることができます。
  • Point(主張の再確認)は、自分の考えや意見を総括し、読者に印象づけることが大切です。読者が自分の考えを忘れないように、Point(主張)を繰り返しましょう。また、Point(主張の再確認)は、自分の考えの重要性や意義、提言や希望などを述べることで、読者に訴えかけることができます。

PREP法を使った小論文の書き方のコツを覚えておくと、小論文のテーマに関係なく、自分の考えを明確に伝えることができます。消防士採用試験の小論文に挑む方は、ぜひ実践してみてください。

消防士採用試験の小論文を書くときのコツ(深掘り)

次は、さらに深掘りした小論文を書くときのコツを説明します。

  • テーマをしっかり理解する
  • 論旨を明確にする
  • 論理を正しく展開する
  • 文章をわかりやすく整理する
  • 文法や表現を適切にする

テーマ(意見・主張)をしっかり理解する

まず、テーマをしっかり理解することが大切です。テーマは、出題された問題や資料に基づいて決めます。テーマは、自分の意見や主張を表す一言にまとめるとよいです。テーマを決めるときには、以下のようなことに注意しましょう。

  • テーマは、問題や資料に沿っているか
  • テーマは、自分の立場や視点を明確にしているか
  • テーマは、具体的でわかりやすいか
  • テーマは、他の人と差別化できるか

論旨(理由・根拠)を明確にする

次に、論旨を明確にすることが大切です。論旨とは、自分のテーマを支持する理由や根拠です。論旨は、テーマに対して論理的に説明できるものにしましょう。論旨を決めるときには、以下のようなことに注意しましょう。

  • 論旨は、テーマに対して必要か
  • 論旨は、自分の経験や知識に基づいているか
  • 論旨は、客観的で信頼できるか
  • 論旨は、具体的でわかりやすいか

論理(例・データ・引用)を正しく展開する

さらに、論理を正しく展開することが大切です。論理とは、自分の論旨を補強するための例やデータ、引用などです。論理は、自分の論旨に対して有効なものにしましょう。論理を展開するときには、以下のようなことに注意しましょう。

  • 論理は、論旨に対して関連性があるか
  • 論理は、自分の言いたいことを強調しているか
  • 論理は、正確で信頼できるか
  • 論理は、出典や引用元を明記しているか(可能な場合)

文章をわかりやすく整理する

最後に、文章をわかりやすく整理することが大切です。文章とは、自分のテーマ、論旨、論理を表現するための言葉です。文章は、自分の考えを読者に伝えるものにしましょう。文章を整理するときには、以下のようなことに注意しましょう。

  • 文章は、序論、本論、結論の三部構成になっているか
  • 文章は、段落や改行で区切っているか
  • 文章は、文頭や文末でつながりがあるか
  • 文章は、文法や表現が適切か
消防士を知りたい

総務業務
マンガ・映画・ドラマ

消防士採用試験の小論文の例文

消防士採用試験の小論文の例文を紹介します。以下は、消防士に関する事柄や社会的な問題について自分の意見を書くタイプの小論文です。テーマは、「消防士としての使命感について」です。文字数は、500字程度です。500字は短すぎてPREP法の使用が難しいかもしれません。そのような場合は、序論、本論、結論という3部構成も検討しましょう。

この例文では、以下のように小論文を書くときのコツを実践しています。

  • テーマをしっかり理解し、自分の意見を一言で表す
  • 論旨を明確にし、自分のテーマを支持する理由や根拠を述べる
  • 論理を正しく展開し、自分の論旨を補強するための例やデータ、引用などを用いる
  • 文章をわかりやすく整理し、序論、本論、結論の三部構成にする

この例文を参考にして、自分の小論文を書いてみましょう。

消防士採用試験の小論文のテーマ 「消防士としての使命感について」

私は、消防士としての使命感を持つことが大切だと考えています。消防士とは、火災や災害などの緊急事態に対応し、人々の命や財産を守る職業です。消防士は、自分の命を危険にさらしながら、他人のために奉仕することを求められます。そのため、消防士になるには、高い専門性や技術だけでなく、強い責任感や使命感が必要です。

私は、消防士としての使命感を持つためには、以下の三つのことが重要だと思います。

まず、消防士の仕事の意義や価値を認識することです。消防士の仕事は、社会にとって不可欠なものです。消防士がいなければ、火災や災害による被害は拡大し、多くの人々が苦しむことになります。消防士は、人々の安全や安心を守ることで、社会に貢献しています。消防士は、自分の仕事が社会にとってどれだけ大切なものかを常に意識することで、使命感を高めることができます。

次に、消防士の仲間や先輩との連帯感を育むことです。消防士の仕事は、単独で行うものではありません。消防士は、同じ目的や理念を持つ仲間や先輩と協力しながら、困難な任務に挑んでいます。消防士は、仲間や先輩との信頼や尊敬を深めることで、使命感を強化することができます。

最後に、消防士の役割や責務を果たすことです。消防士は、自分の役割や責務を認識し、それに応えることが求められます。消防士は、自分の職務に対して誠実であること、自分の能力や知識を向上させること、自分の行動や判断に責任を持つこと、などを心がけることで、使命感を維持することができます。

以上のように、消防士としての使命感を持つことは、消防士になるために必要なことだと考えています。消防士としての使命感を持つことで、自分の仕事に誇りややりがいを感じることができます。また、消防士としての使命感を持つことで、人々に信頼や感謝されることができます。私は、消防士としての使命感を持ち続けることで、消防士としての成長や貢献を目指したいと思っています。

消防士採用試験の小論文のテーマは、消防士に関する事柄や社会的な問題について、自分の意見や考えを書くものが多いです。しかし、どんなテーマが出題されるかは、試験ごとに異なります。そのため、小論文を書く前には、過去の出題傾向や最新の情報を調べることが大切です。

消防士採用試験の小論文テーマについて

小論文のテーマは、以下のようなカテゴリーに分けることができます。

  • 消防士としての志望動機や自己PRについて
  • 消防士としての役割や責務について
  • 消防士としての適性や能力について
  • 消防士としての課題や改善点について
  • 消防士としての目標や夢について
  • 消防士としての経験や学びについて
  • 消防士としての感想や感謝について
  • 消防士に関する事実や知識について
  • 消防士に関するニュースや話題について
  • 消防士に関する社会的な問題や課題について

これらのカテゴリーから、具体的なテーマの例をいくつか挙げます。

  • 消防士になろうと思ったきっかけは何ですか
  • 消防士としての使命感について
  • 消防士に必要なスキルや資質は何だと思いますか
  • 消防士の仕事で苦労したことや工夫したことは何ですか
  • 消防士としての将来の展望はどのようなものですか
  • 消防士としての印象的な出来事や感動したことは何ですか
  • 消防士に対する感謝の気持ちを伝えたい人は誰ですか
  • 消防士に関する基本的な法律や規則は何ですか
  • 消防士に関する最近のニュースや話題につい
  • 消防士に関する社会的な問題や課題について

消防士に関する社会的な問題や課題とは、消防士の仕事や活動に影響を与えるような、時代や環境の変化に伴う問題や課題です。消防士に関する社会的な問題や課題について、自分の考えや提案を書くことで、消防士としての社会性や視野を示すことができます。消防士に関する社会的な問題や課題の例は、以下のようなものがあります。

  • 消防士の人材不足や高齢化について
  • 消防士の労働環境や待遇の改善について
  • 消防士の教育や訓練の充実について
  • 消防士の危機管理能力や対応力の向上について
  • 消防士の新たな役割や責任について
  • 消防士のイメージや評価の向上について
  • 消防士と市民との連携や協力の強化について
  • 消防士と他の関係機関との連携や協力の強化について
  • 消防士の国際的な交流や協力の促進について
  • 消防士の技術や知識の更新や革新について

これらのテーマは、消防士に関する最新の情報や動向に基づいて選ぶとよいでしょう。また、自分の経験や知識、関心や関与などを反映させると、より個性的で魅力的な小論文になります。

消防士に学びたい

消防士採用試験に効果のある、小論文についての参考書

消防士採用試験の小論文試験に合格するためには、小論文の書き方やテーマの選び方などを学ぶ必要があります。そこで、おすすめの参考書を紹介します。

よくわかる!消防官試験のための論作文述

消防官の仕事や、消防官の採用試験について分かりやすく解説されています。これ一冊で小論文対策がステップアップするといううたい文句。過去の小論文試験で出題された問題を徹底的に分析。よく出るテーマを絞り込み、模範回答まで提示しています。

消防小論文の書き方と対策

元東京消防庁の予防部長や元消防大学校副校長を務めた高見尚武氏の著書になります。

アマゾンのレビューより抜粋

・例文に対するキーワードが書かれおり、ポイントを掴むのには良い。
・わかりやすく解説された本でした。
・論文の書き方がわからない人の入門書としては良い。

合格する消防官採用論文のポイント

公務員試験論文研究会により作られた対策本です。合理的な訓練で、無理なく優れた論文が書けるとのうたい文句もあります。ただ、レビューの評価はいまいち。論文対策をやりつくして、他にやることがなくなった受験生は手にとってもよいレベルのようです。後回しですね。

消防の知識を得るのには役立ちますが、小論文としてはいかがなものかと思いました。
この本にある論文の構成として、序の段階でテーマについての解説を長々とする傾向にあります。
話のまとまりを重視しているということでこのようにしているのだと思われますが、序でテーマについて解説や現在の情勢を語りすぎるのは果たして必要なことなのか。もし必要ないのであれば省かなければならない。
一般論が長すぎて主張が弱まっているように感じる。
たしかに、論文型の回答をする場合、序論で説明をすることは必要であるが、やはり例文では長い。
説明を受けてからの提案に力を入れ、提案に説得力を持たせる工夫を成すべきである。
しかしながら知識面では補えるので有用だと思います。
消防官の試験といえど論文なので、公務員試験の論文の参考書の方が考え方が学べるので役立つだろう。

引用元:アマゾンレビュー

アマゾンの小論文試験ベストセラーは?

消防士に特化した対策本は上記3点です。逆に、消防士に特化しなければ、どのような小論文対策本が人気なのでしょうか?アマゾンでの小論文試験対策本のベストセラーはこちら。

売れているには理由があります。その理由がこちら。

元NHKアナウンサーの超人気講師が、2000本の「失敗答案」から統計的に導いた「全試験共通の減点基準」を初公開しています。
・「なぜ、この書き方ではダメなのか」
・ 「どうすれば、良くなるのか」
Before→After形式で、明確な結論を出しています。

もちろん、消防士採用試験である地方公務員試験に対応。小論文試験には、あらゆる試験に共通した「12の超重大ミス」があります。これは、どんな採点者でも減点したくなるミスです。と、いうことは、12のミスを防ぐ方法さえ知っていれば、誰でも、どんな小論文試験でも、試験直前からでも、最短最速で効率的に、「合格ライン」に到達できるという内容です。

12のミス

ワースト1位 問題文の指示に正しく答えていない
ワースト2位 「具体的な言葉」で書けていない
ワースト3位 「資料」を正しく扱っていない
ワースト4位 要約が「本文の切り貼り」になっている
ワースト5位 課題文を無視して自分の意見を書く
ワースト6位 課題文の趣旨をそのままなぞって書く
ワースト7位 ムダな言葉が多い
ワースト8位 解答のバランスが悪い
ワースト9位 消極的な表現で印象を落とす
ワースト10位 課題解決型の問題を「一点突破」で押し切る
ワースト11位 話の流れが整理されていない
ワースト12位 事前に準備した筋書きやキーワードを書く

このような内容になっており、アマゾンのベストセラーを獲得しています。
また、出版社からはこのようなコメントが。

出版社のコメント

全小論文受験者を短期間で合格に導く、
画期的な本ができました。

小論文試験は「採点基準」が見えないために、
「自分の答案が良いのか悪いのかわからない」
「どうしたら良くなるのかもわからない」
という人が多いはずです。
第2章の「減点されない書き方」を身につければ、
「合格最低ライン」を超える答案が誰にでも書けるようになります。

また、試験直前で時間がない場合、
小論文に出やすい時事知識を、 いわゆる「キーワード集」や新聞などから学ぶのは、 現実的ではありません。
必要な知識だけを、答案に反映できるように学ぶのが一番の近道。
そこで、第3章では、一瞬で必要知識を身につけ、
「ネタ」としてすぐに使えるように、
「試験別頻出テーマ&キーワード速習表」を盛り込みました。
「問題の背景」「今後予想される社会の流れ」「問題の解決策」までを
ひと目でわかるように箇条書きでまとめた、超実用的コンテンツです。

最短最少の努力で最大の成果をあげる「最強の直前対策本」を、
試験直前まで使い倒し、「一発合格」にお役立てください。

最後にレビューを紹介して、この本の紹介を終わりたいと思います。

アマゾンよりレビューを抜粋

  • 理屈は理解していながらもどう書いたらいいかわからない、具体的に書けという指導こそ抽象的だと思っていた自分にとっては目からうろこが出るものでした。
  • 具体的に小論文の試験対策に特化したことが書かれており、大変ためになりました。
  • ここ最近発売されてる中で一番わかりやすく 読みやすい。 これ一冊で基礎固めでき、中級レベルの小論文までならカバーできる。

これらの参考書は、消防士採用試験の小論文試験に特化した内容で、実際の出題例や解答例、解説やポイントなどが豊富に掲載されています。消防士採用試験の小論文試験に合格するための必須の知識や技術を身につけることができます。消防士採用試験の小論文試験に挑む方には、ぜひおすすめの参考書です。消防士採用試験の小論文試験に合格するためには、参考書を活用することが大切です。この機会に、ぜひ参考書を手に入れて、小論文の勉強を始めましょう。

まとめ

この記事では、消防士採用試験の小論文試験について、例文、書き方のコツ、テーマなど、採用試験に合格するためのノウハウを紹介しました。消防士採用試験の小論文試験は、消防士としての適性や人間性、社会的な課題への関心や見識などを測る重要な試験です。消防士採用試験の小論文試験に挑むには、以下のようなことを心がけましょう。

  • PREP法の活用
  • テーマをしっかり理解し、自分の意見を一言で表す
  • 論旨を明確にし、自分のテーマを支持する理由や根拠を述べる
  • 論理を正しく展開し、自分の論旨を補強するための例やデータ、引用などを用いる
  • 短い場合は文章をわかりやすく整理し、序論、本論、結論の三部構成にする
  • 過去の出題傾向や最新の情報を調べ、自分の経験や知識、関心や関与などを反映させる

消防士採用試験の小論文試験に自信を持って臨むためには、事前の準備や練習が欠かせません。この記事を参考にして、自分の小論文を書いてみましょう。消防士採用試験の小論文試験に合格することを応援しています。

また、終盤で紹介したような対策本を買う人は、独学での合格を狙っている人だと思います。
年齢制限ぎりぎりの人や、どうしても現役合格したい人などは、公務員専門学校の通信教育もおすすめです。
下のリンクから、詳しい資料は無料で入手可能となっています。
公安系公務員に特化したコースで合格を目指せます。

コメント