消防士採用試験で使える論文対策本3選+1【過去問例文あり】

採用試験を知る

こんにちは、TEAM WEBRIDです。
消防士採用試験では、

  • 筆記試験
  • 体力試験
  • 小論文試験
  • 面接試験

などを乗り越えて合格をつかみ取ることになります。
消防士の小論文試験って、一般企業の小論文などに比べて特殊なのだろうなと予測はつくものの、どんな対策をすればよいのか見当もつきません。
今回の記事では、消防士採用試験の論文試験に役立つ参考書を紹介します。

このような人向けの記事となっています

・消防士になりたい
・消防士採用試験の小論文試験で高得点を取りたい
・消防士採用試験の小論文対策をやりたい

スポンサーリンク

よくわかる!消防官試験のための論作文述

消防官の仕事や、消防官の採用試験について分かりやすく解説されています。

これ一冊で小論文対策がステップアップするといううたい文句

過去の小論文試験で出題された問題を徹底的に分析。

よく出るテーマを絞り込み、模範回答まで提示しています。

スポンサーリンク

消防小論文の書き方と対策

元東京消防庁の予防部長や元消防大学校副校長を務めた高見尚武氏の著書になります。

アマゾンのレビューより抜粋

・例文に対するキーワードが書かれおり、ポイントを掴むのには良い。
・わかりやすく解説された本でした。
・論文の書き方がわからない人の入門書としては良い。

スポンサーリンク

合格する消防官採用論文のポイント

公務員試験論文研究会により作られた対策本です。

合理的な訓練で、無理なく優れた論文が書けるとのうたい文句もあります。

ただ、レビューの評価はいまいち。

論文対策をやりつくして、他にやることがなくなった受験生は手にとってもよいレベルのようです。

後回しですね。

消防の知識を得るのには役立ちますが、小論文としてはいかがなものかと思いました。
この本にある論文の構成として、序の段階でテーマについての解説を長々とする傾向にあります。
話のまとまりを重視しているということでこのようにしているのだと思われますが、序でテーマについて解説や現在の情勢を語りすぎるのは果たして必要なことなのか。もし必要ないのであれば省かなければならない。
一般論が長すぎて主張が弱まっているように感じる。
たしかに、論文型の回答をする場合、序論で説明をすることは必要であるが、やはり例文では長い。
説明を受けてからの提案に力を入れ、提案に説得力を持たせる工夫を成すべきである。
しかしながら知識面では補えるので有用だと思います。
消防官の試験といえど論文なので、公務員試験の論文の参考書の方が考え方が学べるので役立つだろう。

引用元:アマゾンレビュー

アマゾンの小論文試験ベストセラーは?

消防士に特化した対策本は上記3点です。

逆に、消防士に特化しなければ、どのような小論文対策本が人気なのでしょうか?

アマゾンでの小論文試験対策本のベストセラーはこちら。

売れているには理由があります。
その理由がこちら。

元NHKアナウンサーの超人気講師が、2000本の「失敗答案」から統計的に導いた「全試験共通の減点基準」を初公開しています。
・「なぜ、この書き方ではダメなのか」
・ 「どうすれば、良くなるのか」
Before→After形式で、明確な結論を出しています。

もちろん、消防士採用試験である地方公務員試験に対応。

小論文試験には、あらゆる試験に共通した「12の超重大ミス」があります。
これは、どんな採点者でも減点したくなるミスです。

と、いうことは、12のミスを防ぐ方法さえ知っていれば、誰でも、どんな小論文試験でも、試験直前からでも、最短最速で効率的に、「合格ライン」に到達できるという内容です。

12のミス

ワースト1位 問題文の指示に正しく答えていない
ワースト2位 「具体的な言葉」で書けていない
ワースト3位 「資料」を正しく扱っていない
ワースト4位 要約が「本文の切り貼り」になっている
ワースト5位 課題文を無視して自分の意見を書く
ワースト6位 課題文の趣旨をそのままなぞって書く
ワースト7位 ムダな言葉が多い
ワースト8位 解答のバランスが悪い
ワースト9位 消極的な表現で印象を落とす
ワースト10位 課題解決型の問題を「一点突破」で押し切る
ワースト11位 話の流れが整理されていない
ワースト12位 事前に準備した筋書きやキーワードを書く

このような内容になっており、アマゾンのベストセラーを獲得しています。
また、出版社からはこのようなコメントが。

出版社のコメント

全小論文受験者を短期間で合格に導く、
画期的な本ができました。

小論文試験は「採点基準」が見えないために、
「自分の答案が良いのか悪いのかわからない」
「どうしたら良くなるのかもわからない」
という人が多いはずです。
第2章の「減点されない書き方」を身につければ、
「合格最低ライン」を超える答案が誰にでも書けるようになります。

また、試験直前で時間がない場合、
小論文に出やすい時事知識を、 いわゆる「キーワード集」や新聞などから学ぶのは、 現実的ではありません。
必要な知識だけを、答案に反映できるように学ぶのが一番の近道。
そこで、第3章では、一瞬で必要知識を身につけ、
「ネタ」としてすぐに使えるように、
「試験別頻出テーマ&キーワード速習表」を盛り込みました。
「問題の背景」「今後予想される社会の流れ」「問題の解決策」までを
ひと目でわかるように箇条書きでまとめた、超実用的コンテンツです。

最短最少の努力で最大の成果をあげる「最強の直前対策本」を、
試験直前まで使い倒し、「一発合格」にお役立てください。

最後にレビューを紹介して、この本の紹介を終わりたいと思います。

アマゾンよりレビューを抜粋

  • 理屈は理解していながらもどう書いたらいいかわからない、具体的に書けという指導こそ抽象的だと思っていた自分にとっては目からうろこが出るものでした。
  • 具体的に小論文の試験対策に特化したことが書かれており、大変ためになりました。
  • ここ最近発売されてる中で一番わかりやすく 読みやすい。 これ一冊で基礎固めでき、中級レベルの小論文までならカバーできる。

消防士採用試験で使える小論文対策本3選+1【過去問例文あり】

今回の記事では、消防士採用試験で使える小論文対策本3冊と、アマゾンのベストセラーを1冊おまけで紹介しました。
まとめると、次のとおりです。

  • よくわかる!消防官試験のための論作文述
  • 消防小論文の書き方と対策
  • 合格する消防官採用論文のポイント
  • 全試験対応!直前でも一発合格!落とされない小論文

このような対策本を買う人は、独学での合格を狙っている人だと思います。
年齢制限ぎりぎりの人や、どうしても現役合格したい人などは、公務員専門学校の通信教育もおすすめです。
下のリンクから、詳しい資料は無料で入手可能となっています。
公安系公務員に特化したコースで合格を目指せます。

資格★合格クレアール
クレアールは独自の「非常識合格法」「合格ナビシステム」により科学的・合理的・経済的に資格試験の合格を目指します。

✔ お買い物忘れはありませんか???
採用試験を知る
スポンサーリンク
TEAM WEBRIDをフォローする
TEAM WEBRID

運営者のTEAM WEBRID(チーム ウェブリッド)(web+hybridからなる造語)は、webの世界と現実世界を組み合わせることを目的に集まったチームです。当サイト「消防士ドットコム」では、TEAMメンバーのコネクションを生かし、多くの現役消防士やOB職員からの情報をもとにレポートしています。そのため、消防に関する記事の信頼性と専門性はどんなサイトにも負けません!(^^)

twitterをフォロー↓↓↓

TEAM WEBRIDをフォローする
消防士になる、を知る、から学ぶための消防士ドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました