スポンサーリンク

【消防士に学ぶ】災害時に必須!電池式扇風機のおすすめ

災害時用アイテム

こんにちは、消防士総合情報サイトの管理人です。

日本は地震や台風などの自然災害が多い国です。災害が発生した時には、停電や断水などのライフラインの被害が起こることがあります。そんな時に、家族みんなで無事に生き延びるためには、どんな備えが必要でしょうか?

今回は、災害時に役立つ電池式扇風機についてご紹介します。電池式扇風機とは、電源がなくても単三電池や充電式バッテリーで動く扇風機のことです。災害時には、暑さや湿気で体調を崩すこともあります。電池式扇風機なら、避難所や自宅避難時、車内避難時にも快適に過ごすことができます。

電池式扇風機には、さまざまな種類や機能があります。どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。そこで、この記事では、消防士の経験や知識をもとに、電池式扇風機のおすすめをご紹介します。災害時に役立つポイントや注意点も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

電池式扇風機のおすすめ:アイリスオーヤマ リチウムイオン電池式扇風機

最初に紹介するのは、アイリスオーヤマのリチウムイオン電池式扇風機です。この扇風機は、充電式のリチウムイオン電池を内蔵しており、フル充電で約4時間の連続使用が可能です。また、USBケーブルでスマホやパソコンからも充電できるので、災害時にも便利です。

この扇風機の特徴は、首振り機能や風量調節機能があることです。首振り機能は、左右に90度、上下に30度の範囲で首を振ることができます。風量調節機能は、弱・中・強の3段階で風量を変えることができます。これらの機能により、自分の好みや状況に合わせて風を送ることができます。

この扇風機のサイズは、幅23.5cm×奥行き14.5cm×高さ28cmで、重さは約1.1kgです。コンパクトで軽量なので、持ち運びや収納にも便利です。デザインもシンプルでスタイリッシュなので、どんな場所にも馴染みます。

この扇風機の注意点は、電池の寿命が短いことです。リチウムイオン電池は、使用回数や温度などによって劣化してしまいます。そのため、長期間の使用や保管には向いていません。また、電池の交換もできないので、故障した場合は修理や買い替えが必要になります。

この扇風機の価格は、約4000円です。電池式扇風機の中では安価な方ですが、電池の寿命や故障のリスクを考えると、コスパはあまり高くないかもしれません。しかし、首振り機能や風量調節機能があるのは魅力的ですね。災害時にも快適に過ごしたい方におすすめです。

電池式扇風機のおすすめ:コイズミ リチウムイオン電池式ハンディファン

次は、コイズミのリチウムイオン電池式ハンディファンです。この扇風機は、持ち運びに便利なハンディタイプの扇風機です。充電式のリチウムイオン電池を内蔵しており、フル充電で約3時間の連続使用が可能です。また、USBケーブルでスマホやパソコンからも充電できるので、災害時にも安心です。

この扇風機の特徴は、風量調節機能とスタンド機能があることです。風量調節機能は、弱・中・強の3段階で風量を変えることができます。スタンド機能は、底部にあるスタンドを引き出すことで、机や床に置いて使うことができます。これらの機能により、手持ちでも置き型でも使い方を選べます。

この扇風機のサイズは、幅10.5cm×奥行き4.5cm×高さ22cmで、重さは約200gです。非常にコンパクトで軽量なので、カバンやポケットに入れて持ち運びやすいです。デザインもカラフルで可愛らしいので、女性や子供にも人気です。

この扇風機の注意点は、風力が弱いことです。ハンディタイプの扇風機なので、風力はあまり期待できません。特に強風量に設定すると、電池の消耗が早くなります。そのため、暑さが厳しい場合や広い空間で使用する場合には、不十分な冷却効果になる可能性があります。

この扇風機の価格は、約2000円です。電池式扇風機の中では最も安価な方ですが、風力が弱いという欠点があります。しかし、持ち運びや置き型の使い方ができるのは便利ですね。災害時にも携帯性や可愛さを求める方におすすめです。

電池式扇風機のおすすめ:パナソニック 単三電池式扇風機

次は、パナソニックの単三電池式扇風機です。この扇風機は、単三電池4本で動く扇風機です。単三電池は、災害時にも入手しやすい電池なので、安心です。また、乾電池の種類によっては、最大で約20時間の連続使用が可能です。

この扇風機の特徴は、風量調節機能とタイマー機能があることです。風量調節機能は、弱・中・強の3段階で風量を変えることができます。タイマー機能は、1時間・2時間・4時間の3段階で自動的に電源を切ることができます。これらの機能により、電池の消耗を抑えることができます。

この扇風機のサイズは、幅28cm×奥行き12cm×高さ34cmで、重さは約1.2kgです。やや大きめで重ためなので、持ち運びには不向きです。しかし、デザインはシンプルでスタイリッシュなので、どんな場所にも馴染みます。

この扇風機の注意点は、音が大きいことです。単三電池式の扇風機なので、モーターの回転音が大きくなります。特に強風量に設定すると、音が気になるかもしれません。そのため、静かな場所で使用する場合や、音に敏感な方には不向きです。

この扇風機の価格は、約5000円です。電池式扇風機の中ではやや高めですが、単三電池で長時間使用できるのはメリットです。しかし、音が大きいという欠点があります。災害時にも電池の入手性や持続性を重視する方におすすめです。

電池式扇風機のおすすめ:アイリスオーヤマ 単三電池式扇風機

次は、アイリスオーヤマの単三電池式扇風機です。この扇風機は、単三電池4本で動く扇風機です。単三電池は、災害時にも入手しやすい電池なので、安心です。また、乾電池の種類によっては、最大で約10時間の連続使用が可能です。

この扇風機の特徴は、首振り機能と風量調節機能があることです。首振り機能は、左右に90度、上下に30度の範囲で首を振ることができます。風量調節機能は、弱・中・強の3段階で風量を変えることができます。これらの機能により、自分の好みや状況に合わせて風を送ることができます。

この扇風機のサイズは、幅23.5cm×奥行き14.5cm×高さ28cmで、重さは約1.1kgです。コンパクトで軽量なので、持ち運びや収納にも便利です。デザインもシンプルでスタイリッシュなので、どんな場所にも馴染みます。

この扇風機の注意点は、音が大きいことです。単三電池式の扇風機なので、モーターの回転音が大きくなります。特に強風量に設定すると、音が気になるかもしれません。そのため、静かな場所で使用する場合や、音に敏感な方には不向きです。

この扇風機の価格は、約3000円です。電池式扇風機の中ではやや安価な方ですが、音が大きいという欠点があります。しかし、首振り機能や風量調節機能があるのは魅力的ですね。災害時にも快適に過ごしたい方におすすめです。

電池式扇風機のおすすめ:エレコム 単三電池式扇風機

最後に紹介するのは、エレコムの単三電池式扇風機です。この扇風機は、単三電池4本で動く扇風機です。単三電池は、災害時にも入手しやすい電池なので、安心です。また、乾電池の種類によっては、最大で約30時間の連続使用が可能です。

この扇風機の特徴は、首振り機能と風量調節機能とタイマー機能があることです。首振り機能は、左右に90度、上下に30度の範囲で首を振ることができます。風量調節機能は、弱・中・強の3段階で風量を変えることができます。タイマー機能は、1時間・2時間・4時間の3段階で自動的に電源を切ることができます。これらの機能により、電池の消耗を抑えることができます。

この扇風機のサイズは、幅23.5cm×奥行き14.5cm×高さ28cmで、重さは約1.1kgです。コンパクトで軽量なので、持ち運びや収納にも便利です。デザインもシンプルでスタイリッシュなので、どんな場所にも馴染みます。

この扇風機の注意点は、音が大きいことです。単三電池式の扇風機なので、モーターの回転音が大きくなります。特に強風量に設定すると、音が気になるかもしれません。そのため、静かな場所で使用する場合や、音に敏感な方には不向きです。

この扇風機の価格は、約4000円です。電池式扇風機の中ではやや安価な方ですが、音が大きいという欠点があります。しかし、首振り機能や風量調節機能やタイマー機能があるのは魅力的ですね。災害時にも電池の入手性や持続性や節約性を重視する方におすすめです。

まとめ

消防士に学びたい

今回は、災害時に役立つ電池式扇風機についてご紹介しました。電池式扇風機は、電源がなくても動くので、災害時にも安心です。しかし、電池式扇風機には、さまざまな種類や機能があります。どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで、この記事では、消防士の経験や知識をもとに、電池式扇風機のおすすめをご紹介しました。

  • エレコム 単三電池式扇風機
  • アイリスオーヤマ 単三電池式扇風機
  • パナソニック 単三電池式扇風機
  • コイズミ リチウムイオン電池式ハンディファン
  • アイリスオーヤマ リチウムイオン電池式扇風機

以上で、災害時に役立つ電池式扇風機のおすすめをご紹介しました。いかがでしたでしょうか?電池式扇風機は、災害時にも安心して使える便利なアイテムです。しかし、電池式扇風機には、さまざまな種類や機能があります。どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで、この記事では、消防士の経験や知識をもとに、電池式扇風機のおすすめをご紹介しました。各扇風機の特徴や注意点も解説しましたので、ぜひ参考にしてください。災害時にも電池式扇風機で快適に過ごしましょう。

この記事がお役に立てば幸いです。消防士総合情報サイトの管理人でした。ありがとうございました。

コメント