スポンサーリンク

消防士に学ぶ|災害時に必携!おすすめのヘッドライト

災害時用アイテム

こんにちは、消防士総合情報サイトの管理人です。今回は、災害時に役立つヘッドライトについてお話ししたいと思います。災害というと、地震や台風、火災などが思い浮かびますが、実は日本は世界でも有数の災害大国です。毎年、何かしらの災害が発生しています。

災害が起こったとき、一番大切なことは、自分や家族の命を守ることです。そのためには、事前に備えておくことが重要です。災害時に備えておくべきものの一つが、ヘッドライトです。ヘッドライトとは、頭に装着するライトのことで、手元を照らしながら両手を自由に使えるという便利なアイテムです。

災害時にヘッドライトが役立つシーンはたくさんあります。

例えば、停電が起きたときに、暗闇での移動や探索に使えます。また、避難所での生活や自宅避難時にも、手元を照らして読書や作業ができます。さらに、車内避難時にも、ヘッドライトを使えば、車のバッテリーを消耗せずに明かりを確保できます。

しかし、ヘッドライトはどれも同じというわけではありません。災害時に役立つヘッドライトは、以下のような特徴を持っていることが望ましいです。

  • 明るさ:災害時には、暗闇での視界を確保するために、明るさが重要です。ヘッドライトの明るさは、ルーメンという単位で表されます。一般的に、100ルーメン以上あれば、暗闇での活動に十分です。ただし、明るすぎると、目が疲れたり、周囲の人に迷惑をかけたりする可能性がありますので、調光機能があると便利です。
  • 防水性:災害時には、雨や水に濡れる可能性が高いです。ヘッドライトが水に弱いと、故障したり、ショートしたりする恐れがあります。防水性の高いヘッドライトは、IPXという規格で表されます。IPX4以上であれば、雨や水しぶきに耐えられます。IPX7以上であれば、水没にも耐えられます。
  • 耐久性:災害時には、ヘッドライトが落下したり、衝撃を受けたりする可能性があります。ヘッドライトが壊れやすいと、使えなくなってしまいます。耐久性の高いヘッドライトは、耐衝撃性や耐熱性などの性能を持っています。また、ヘッドバンドやケースなどの部品も、丈夫であることが望ましいです。
  • 使いやすさ:災害時には、ヘッドライトを素早く操作できることが重要です。ヘッドライトの使いやすさは、スイッチの位置や形状、操作方法などによって異なります。また、ヘッドライトの重さやバランス、装着感なども、使いやすさに影響します。できるだけ、軽くてコンパクトで、簡単に操作できるヘッドライトを選びましょう。

以上のように、災害時に役立つヘッドライトは、明るさ、防水性、耐久性、使いやすさの4つの要素に注意して選ぶ必要があります。

では、具体的にどのようなヘッドライトがおすすめなのでしょうか?

ここでは、私が実際に使用したり、評判の良いヘッドライトを紹介します。それぞれのヘッドライトの特徴やメリット、デメリットを解説しますので、参考にしてください。

おすすめのヘッドライト:LED LENSER H7R.2

LED LENSER H7R.2は、ドイツの老舗ブランド、LED LENSER社が製造するヘッドライトです。

このヘッドライトの最大の特徴は、明るさと調光機能の高さです。

このヘッドライトは、最大300ルーメンの明るさを誇ります。これは、暗闇での視界を十分に確保できるレベルです。また、調光機能も優れており、ホイール式のスイッチで無段階に明るさを調整できます。さらに、光の角度も変えられるので、手元や遠くを照らすことができます。

このヘッドライトは、リチウムイオン電池を使用しており、充電式です。フル充電で約6時間の連続使用が可能です。また、付属のUSBケーブルで、パソコンやモバイルバッテリーなどからも充電できます。災害時には、電源が不安定になることがありますので、充電式のヘッドライトは便利です。

その他の特徴は次のとおりです。

・IPX4の防水性を持っています。雨や水しぶきには耐えられますが、水没には耐えられませんので、注意が必要です。

・耐久性も高く、耐衝撃性や耐熱性に優れています。また、ヘッドバンドは伸縮性があり、頭にフィットします。さらに、ヘッドライトの重さは165gと軽量で、長時間の使用でも疲れにくいです。

・明るさと調光機能の高さ、充電式であること、耐久性と使いやすさの良さです。デメリットは、価格が高いこと、防水性が低いことです。

・災害時に役立つヘッドライトの中でも、最も高性能なものの一つです。しかし、その分、価格も高く、約1万円ほどします。また、防水性が低いので、水没には注意が必要です。

おすすめのヘッドライト:NITECORE NU25

NITECORE NU25は、中国の有名ブランド、NITECORE社が製造するヘッドライトです。

このヘッドライトの最大の特徴は、軽量でコンパクトながら、多機能であることです。

さらに、最大360ルーメンの明るさを持ちます。これは、LED LENSER H7R.2よりも明るいです。しかし、このヘッドライトの重さはわずか28gと、非常に軽いです。また、サイズも小さく、ポケットに入れて持ち運べます。

このヘッドライトは、白色光だけでなく、赤色光や高輝度白色光など、4種類の光を出すことができます。赤色光は、暗闇での視力を保ちながら、周囲の人に気づかれにくいというメリットがあります。高輝度白色光は、緊急時に使用できるSOSモードや点滅モードなどがあります。これらの光は、それぞれ別のスイッチで操作できます。

その他の特徴は次のとおりです。

・リチウムイオン電池を使用しており、充電式です。フル充電で約5時間の連続使用が可能です。また、付属のUSBケーブルで、パソコンやモバイルバッテリーなどからも充電できます。

・IP66の防水性を持っています。これは、強い水圧にも耐えられるレベルです。水没にも耐えられますが、長時間の水没は避けましょう。

・耐久性も高く、耐衝撃性や耐熱性に優れています。また、ヘッドバンドは伸縮性があり、頭にフィットします。さらに、ヘッドライトの角度も変えられるので、手元や遠くを照らすことができます。

・軽量でコンパクトながら、多機能であること、充電式であること、防水性が高いこと、耐久性と使いやすさの良さです。デメリットは、明るさが低下すると充電が必要になること、高輝度白色光の使用時間が短いことです。

・災害時に役立つヘッドライトの中でも、最も軽量でコンパクトなものの一つです。しかし、その分、明るさが低下すると充電が必要になりますので、常にバッテリー残量に注意しましょう。また、高輝度白色光の使用時間は約30秒と短いので、緊急時には注意が必要です。

おすすめのヘッドライト:PETZL TIKKA

PETZL TIKKAは、フランスの有名ブランド、PETZL社が製造するヘッドライトです。

このヘッドライトの最大の特徴は、シンプルで使いやすいことです。

さらには、最大200ルーメンの明るさを持ちます。これは、暗闇での視界を確保できるレベルです。また、調光機能もあり、3段階の明るさを選べます。さらに、赤色光も出せるので、暗闇での視力を保ちたいときに便利です。

このヘッドライトは、単三電池を使用しており、乾電池式です。約60時間の連続使用が可能です。また、別売りの充電式バッテリーを使用すれば、充電式にもできます。災害時には、電源が不安定になることがありますので、乾電池式のヘッドライトは安心です。

その他の特徴は次のとおりです。

・IPX4の防水性を持っています。雨や水しぶきには耐えられますが、水没には耐えられませんので、注意が必要です。

・耐久性も高く、耐衝撃性や耐熱性に優れています。また、ヘッドバンドは伸縮性があり、頭にフィットします。さらに、ヘッドライトの角度も変えられるので、手元や遠くを照らすことができます。

・シンプルで使いやすいこと、乾電池式であること、耐久性と使いやすさの良さです。デメリットは、明るさが低いこと、防水性が低いこと、充電式バッテリーが別売りであることです。

・災害時に役立つヘッドライトの中でも、最もシンプルで使いやすいものの一つです。しかし、その分、明るさや防水性は低く、充電式バッテリーを使いたい場合は、別に購入する必要があります。

おすすめのヘッドライト:COAST FL75R

COAST FL75Rは、アメリカの有名ブランド、COAST社が製造するヘッドライトです。

このヘッドライトの最大の特徴は、光の色と形を変えられることです。

光量は、最大530ルーメンの明るさを持ちます。これは、暗闇での視界を十分に確保できるレベルです。また、調光機能もあり、3段階の明るさを選べます。さらに、白色光だけでなく、赤色光や緑色光も出せるので、暗闇での視力を保ちたいときや、自然の色を見たいときに便利です。

このヘッドライトは、光の形も変えられます。ヘッドライトの前面にあるツイストフォーカスという機能で、光の範囲を広くしたり、狭くしたりできます。広い光は、周囲の状況を把握するのに役立ちます。狭い光は、遠くの対象物を照らすのに役立ちます。

その他の特徴は次のとおりです。

・リチウムイオン電池を使用しており、充電式です。フル充電で約2時間の連続使用が可能です。また、付属のUSBケーブルで、パソコンやモバイルバッテリーなどからも充電できます。

・IPX4の防水性を持っています。雨や水しぶきには耐えられますが、水没には耐えられませんので、注意が必要です。

・耐久性も高く、耐衝撃性や耐熱性に優れています。また、ヘッドバンドは伸縮性があり、頭にフィットします。さらに、ヘッドライトの角度も変えられるので、手元や遠くを照らすことができます。

・光の色と形を変えられること、充電式であること、耐久性と使いやすさの良さです。デメリットは、明るさが低下すると充電が必要になること、防水性が低いこと、使用時間が短いことです。

・災害時に役立つヘッドライトの中でも、最も光の色と形を変えられるものの一つです。しかし、その分、明るさが低下すると充電が必要になりますので、常にバッテリー残量に注意しましょう。また、防水性が低いので、水没には注意が必要です。さらに、使用時間が短いので、緊急時には注意が必要です。

全体のまとめ

以上が、私がおすすめする災害時に役立つヘッドライトです。

災害時にヘッドライトが役立つシーンはたくさんありますが、ヘッドライトはどれも同じというわけではありません。災害時に役立つヘッドライトは、明るさ、防水性、耐久性、使いやすさの4つの要素に注意して選ぶ必要があります。

私が紹介したヘッドライトは、それぞれに特徴やメリット、デメリットがあります。あなたのニーズや予算に合わせて、最適なヘッドライトを選んでください。災害はいつどこで起こるかわかりません。事前に備えておくことが、自分や家族の命を守ることにつながります。ヘッドライトを備えておくことは、災害時に役立つ備えの一つです。

この記事では、災害時に役立つヘッドライトの選び方やおすすめの商品を紹介しました。それぞれのヘッドライトの特徴やメリット、デメリットを比較して、あなたに合ったヘッドライトを見つけてください。もし、この記事があなたのヘッドライト選びの参考になったら、嬉しいです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

消防士に学びたい

コメント