スポンサーリンク

消防士に学ぶ|災害時に必携!おすすめの軍手や手袋

災害時用アイテム

災害はいつ起こるかわかりません。地震や台風、火災や洪水など、自然や人為的な要因で突然に襲われる可能性があります。そんなとき、家族みんなで無事に生き延びるためには、どんな準備が必要でしょうか?

消防士は、災害に対応するプロフェッショナルです。彼らは、日々の訓練や実践で、災害時に必要な知識や技術、道具を身につけています。その中でも、特に重要なのが、軍手や手袋です。

軍手や手袋は、災害時に様々な場面で役立ちます。例えば、瓦礫やガラスなどの鋭利なものに手を切らないようにするため、暑さや寒さから手を守るため、感染症や汚染物質から手を防御するためなどです。また、軍手や手袋は、握力や摩擦力を高めることで、物を持ったり引っ張ったりするときにも便利です。

しかし、軍手や手袋には色々な種類や特徴があります。どれを選ぶかは、災害の種類や状況、自分の目的や好みによって変わります。そこで、この記事では、消防士が教えるおすすめの軍手や手袋について紹介します。災害時に役立つ軍手や手袋を知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

災害時に役立つ軍手や手袋の基本的な選び方

まず、災害時に役立つ軍手や手袋の基本的な選び方について説明します。軍手や手袋を選ぶときには、以下の2つのポイントに注意しましょう。

サイズ

軍手や手袋は、自分の手にぴったりとフィットするサイズを選ぶことが大切です。サイズが合わないと、手の動きが制限されたり、脱げたり、締め付けられたりする恐れがあります。また、指先が余ると、細かい作業ができなくなったり、感覚が鈍くなったりします。サイズは、手のひらの幅や長さ、指の長さなどを測って確認しましょう。また、軍手や手袋は、洗濯や使用によって縮んだり伸びたりすることがあります。そのため、定期的にサイズをチェックし、必要に応じて交換しましょう。

素材

軍手や手袋の素材は、災害の種類や状況によって適切なものを選ぶことが重要です。素材には、以下のような特徴やメリット・デメリットがあります。

・綿:綿は、柔らかくて肌触りが良い素材です。吸湿性や通気性が高く、汗をかいても快適に使えます。また、熱にも強く、火に近づいても燃えにくいです。しかし、綿は、水に弱く、濡れると乾きにくくなります。また、耐久性や防水性が低く、破れやすいです。さらに、綿は、鋭利なものに切られやすく、防切創性が低いです。

・合成繊維:合成繊維は、ナイロンやポリエステルなどの化学的に作られた素材です。軽くて丈夫で、耐久性や防水性が高いです。また、乾きやすく、汚れにくいです。しかし、合成繊維は、熱に弱く、火に近づくと溶けたり燃えたりします。また、吸湿性や通気性が低く、汗をかくと不快になります。さらに、合成繊維は、肌触りが悪く、かぶれやすいです。

・革:革は、牛や豚などの動物の皮から作られた素材です。厚くて丈夫で、耐久性や防切創性が高いです。また、防水性や保温性も高く、水や寒さに強いです。しかし、革は、重くて硬い素材です。柔軟性や通気性が低く、手の動きが制限されたり、蒸れたりします。また、革は、高価で、手入れが面倒です。さらに、革は、熱に弱く、火に近づくと焦げたり縮んだりします。

・ゴム:ゴムは、天然ゴムや合成ゴムなどの弾性のある素材です。薄くて軽くて柔らかい素材です。柔軟性や防水性が高く、手の動きを妨げません。また、ゴムは、感染症や汚染物質から手を守ることができます。しかし、ゴムは、耐久性や保温性が低い素材です。破れやすく、寒さに弱いです。また、ゴムは、熱に弱く、火に近づくと溶けたり燃えたりします。さらに、ゴムは、肌触りが悪く、かぶれやすいです。

以上のように、各素材には長所と短所があります。災害の種類や状況に応じて、最適な素材を選ぶことが大切です。例えば、火災や高温の場合は、綿や革のような熱に強い素材を選ぶことが望ましいです。水害や冷気の場合は、合成繊維やゴムのような防水性や保温性の高い素材を選ぶことが望ましいと言えます。

消防士がおすすめする災害時に役立つ軍手や手袋の種類と特徴

次に、消防士がおすすめする災害時に役立つ軍手や手袋の種類と特徴について紹介します。軍手や手袋には、以下のような種類があります。

  • 作業用軍手:作業用軍手は、一般的に綿や合成繊維で作られた軍手です。安価で入手しやすく、様々な作業に使用できます。しかし、作業用軍手は、防切創性や防水性が低く、破れやすいです。また、熱に弱く、火に近づくと危険です。作業用軍手は、災害時には簡易的な保護手袋として使うことができますが、長時間の使用や高度な作業には向いていません。
  • 耐切創手袋:耐切創手袋は、鋭利なものに切られにくい素材で作られた手袋です。革や合成繊維に金属やケブラーなどの強化繊維を織り込んだものが多いです。耐切創手袋は、瓦礫やガラスなどの鋭利なものに触れるときに役立ちます。しかし、耐切創手袋は、重くて硬い素材です。柔軟性や通気性が低く、手の動きが制限されたり、蒸れたりします。また、耐切創手袋は、高価で、手入れが面倒です。耐切創手袋は、災害時には必要なときに限って使用することが望ましいです。
  • 耐熱手袋:耐熱手袋は、高温に耐えることができる素材で作られた手袋です。綿や革にアラミドやシリコンなどの耐熱素材をコーティングしたものが多いです。耐熱手袋は、火災や高温の場面で手を守ることができます。しかし、耐熱手袋は、厚くて重い素材です。柔軟性や通気性が低く、手の動きが制限されたり、蒸れたりします。また、耐熱手袋は、防水性や保温性が低く、水や寒さに弱いです。耐熱手袋は、災害時には火に近づくときに限って使用することが望ましいです。
  • 防寒手袋:防寒手袋は、寒さから手を守ることができる素材で作られた手袋です。合成繊維や革にウールやフリースなどの保温素材を裏地にしたものが多いです。防寒手袋は、冷気や雪などの寒冷な場面で手を温めることができます。しかし、防寒手袋は、厚くてふわふわした素材です。柔軟性や通気性が低く、手の動きが制限されたり、蒸れたりします。また、防寒手袋は、防水性や耐久性が低く、水や摩擦に弱いです。防寒手袋は、災害時には寒さに耐えるときに限って使用することが望ましいです。
  • 使い捨て手袋:使い捨て手袋は、一度使ったら捨てることができる素材で作られた手袋です。ゴムやビニールなどの薄くて軽い素材が多いです。使い捨て手袋は、感染症や汚染物質から手を守ることができます。また、薄くて柔らかい素材です。柔軟性や防水性が高く、手の動きを妨げません。しかし、使い捨て手袋は、耐久性や保温性が低い素材です。破れやすく、寒さに弱いです。また、使い捨て手袋は、熱に弱く、火に近づくと溶けたり燃えたりします。使い捨て手袋は、災害時には感染症や汚染物質に触れるときに限って使用することが望ましいです。

以上のように、軍手や手袋には、様々な種類と特徴があります。消防士は、災害の種類や状況に応じて、適切な軍手や手袋を選んで使用しています。災害時には、自分の手を守るためにも、消防士のおすすめを参考にしてみてください。

消防士がおすすめする災害時に役立つ軍手や手袋のおすすめ商品

ここまで、災害時に役立つ軍手や手袋の選び方や種類について紹介しました。では、具体的にどんな商品がおすすめなのでしょうか?ここでは、消防士がおすすめする災害時に役立つ軍手や手袋のおすすめ商品を紹介します。災害時に備えて、ぜひチェックしてみてください。

  • 作業用軍手のおすすめ商品:作業用軍手のおすすめ商品は、モンベル ワークグローブです。モンベル ワークグローブは、綿とポリエステルの混紡素材で作られた軍手です。柔らかくて肌触りが良く、吸湿性や通気性が高いです。また、熱にも強く、火に近づいても燃えにくいです。さらに、手のひらには、滑り止めのラバーが付いており、握力や摩擦力を高めます。モンベル ワークグローブは、安価で入手しやすく、様々な作業に使用できます。しかし、作業用軍手としては、防切創性や防水性が低く、破れやすいです。そのため、災害時には簡易的な保護手袋として使うことができますが、長時間の使用や高度な作業には向いていません。
  • 耐切創手袋のおすすめ商品:耐切創手袋のおすすめ商品は、アイリスオーヤマ カット耐性手袋です。アイリスオーヤマ カット耐性手袋は、ポリエステルとケブラーの混紡素材で作られた手袋です。軽くて丈夫で、耐切創性が高いです。また、防水性や耐久性も高く、水や摩擦に強いです。さらに、手のひらには、滑り止めのポリウレタンが付いており、握力や摩擦力を高めます。アイリスオーヤマ カット耐性手袋は、瓦礫やガラスなどの鋭利なものに触れるときに役立ちます。しかし、耐切創手袋としては、重くて硬い素材です。柔軟性や通気性が低く、手の動きが制限されたり、蒸れたりします。そのため、災害時には必要なときに限って使用することが望ましいです。
  • 耐熱手袋のおすすめ商品:耐熱手袋のおすすめ商品は、ノーブランド 耐熱手袋です。ノーブランド 耐熱手袋は、綿とアラミドの混紡素材で作られた手袋です。厚くて丈夫で、耐熱性が高いです。また、熱にも強く、火に近づいても燃えにくいです。さらに、手のひらには、滑り止めのシリコンが付いており、握力や摩擦力を高めます。ノーブランド 耐熱手袋は、火災や高温の場面で手を守ることができます。しかし、耐熱手袋としては、厚くて重い素材です。柔軟性や通気性が低く、手の動きが制限されたり、蒸れたりします。また、防水性や保温性が低く、水や寒さに弱いです。そのため、災害時には火に近づくときに限って使用することが望ましいです。
  • 防寒手袋のおすすめ商品:防寒手袋のおすすめ商品は、モンベル ウィンタートレックグローブです。モンベル ウィンタートレックグローブは、ポリエステルとウールの混紡素材で作られた手袋です。薄くて軽くて柔らかい素材です。保温性や通気性が高く、手を温めます。また、防水性や耐久性も高く、水や摩擦に強いです。さらに、手のひらには、滑り止めのラバーが付いており、握力や摩擦力を高めます。モンベル ウィンタートレックグローブは、冷気や雪などの寒冷な場面で手を温めることができます。しかし、防寒手袋としては、防切創性や耐熱性が低く、鋭利なものや火に近づくと危険です。そのため、災害時には寒さに耐えるときに限って使用することが望ましいです。
  • 使い捨て手袋のおすすめ商品:使い捨て手袋のおすすめ商品は、アイリスオーヤマ 使い捨て手袋です。アイリスオーヤマ 使い捨て手袋は、ゴムで作られた手袋です。薄くて軽くて柔らかい素材です。柔軟性や防水性が高く、手の動きを妨げません。また、感染症や汚染物質から手を守ることができます。アイリスオーヤマ 使い捨て手袋は、感染症や汚染物質に触れるときに役立ちます。しかし、使い捨て手袋としては、耐久性や保温性が低い素材です。破れやすく、寒さに弱いです。また、熱に弱く、火に近づくと溶けたり燃えたりします。使い捨て手袋は、災害時には感染症や汚染物質に触れるときに限って使用することが望ましいです。

以上が、消防士がおすすめする災害時に役立つ軍手や手袋のおすすめ商品です。

災害時に軍手や手袋を使用するときの注意点

最後に、災害時に軍手や手袋を使用するときの注意点について説明します。軍手や手袋は、災害時に手を守るために役立つ道具ですが、使用方法や管理方法によっては、逆に危険になることもあります。以下の点に注意して、安全に軍手や手袋を使用しましょう。

  • 軍手や手袋の種類や素材に合わせて使用する:前述したように、軍手や手袋には様々な種類や素材があります。それぞれには長所と短所があります。災害の種類や状況に応じて、最適な軍手や手袋を選んで使用することが大切です。例えば、火災や高温の場合は、耐熱手袋を使用することが望ましいです。水害や冷気の場合は、防寒手袋や防水手袋を使用することが望ましいです。感染症や汚染物質の場合は、使い捨て手袋を使用することが望ましいです。逆に、不適切な軍手や手袋を使用すると、手を傷つけたり、感染したり、火傷したりする恐れがあります。軍手や手袋の種類や素材に合わせて使用することを心がけましょう。
  • 軍手や手袋のサイズや状態をチェックする:軍手や手袋は、自分の手にぴったりとフィットするサイズを選ぶことが大切です。サイズが合わないと、手の動きが制限されたり、脱げたり、締め付けられたりする恐れがあります。また、指先が余ると、細かい作業ができなくなったり、感覚が鈍くなったりします。サイズは、手のひらの幅や長さ、指の長さなどを測って確認しましょう。また、軍手や手袋は、洗濯や使用によって縮んだり伸びたりすることがあります。そのため、定期的にサイズをチェックし、必要に応じて交換しましょう。また、軍手や手袋の状態もチェックすることが重要です。軍手や手袋が破れたり、穴があいたり、汚れたりすると、手を守る効果が低下したり、感染症や汚染物質に触れる危険性が高まったりします。軍手や手袋の状態をチェックし、必要に応じて修理や洗濯、交換しましょう。
  • 軍手や手袋を長時間使用しない:軍手や手袋は、災害時に必要なときに限って使用することが望ましいです。軍手や手袋を長時間使用すると、手が蒸れたり、かぶれたり、疲れたりする恐れがあります。また、軍手や手袋が汗や水で濡れると、手が冷えたり、感染症や汚染物質に触れる危険性が高まったりします。軍手や手袋を使用した後は、手を洗ったり、乾かしたり、保湿したりすることが大切です。軍手や手袋を長時間使用しないことを心がけましょう。

以上が、災害時に軍手や手袋を使用するときの注意点です。軍手や手袋は、災害時に手を守るために役立つ道具ですが、使用方法や管理方法によっては、逆に危険になることもあります。以上の点に注意して、安全に軍手や手袋を使用しましょう。

まとめ

この記事では、災害発生時に役立つ軍手や手袋について紹介しました。消防士が教えるおすすめの軍手や手袋について、以下のポイントをおさらいしましょう。

  • 軍手や手袋の選び方は、サイズや素材に注意することが大切です。
  • 軍手や手袋の種類は、作業用軍手、耐切創手袋、耐熱手袋、防寒手袋、使い捨て手袋などがあります。それぞれには長所と短所があります。災害の種類や状況に応じて、最適な軍手や手袋を選んで使用することが重要です。
  • 軍手や手袋を使用するときは、軍手や手袋の種類や素材に合わせて使用すること、軍手や手袋のサイズや状態をチェックすること、軍手や手袋を長時間使用しないことに注意することが大切です。

災害はいつ起こるかわかりません。家族みんなで無事に生き延びるためには、どんな準備が必要でしょうか?消防士は、災害に対応するプロフェッショナルです。彼らは、日々の訓練や実践で、災害時に必要な知識や技術、道具を身につけています。その中でも、特に重要なのが、軍手や手袋です。軍手や手袋は、災害時に様々な場面で役立ちます。この記事で紹介した内容を参考にして、災害時に役立つ軍手や手袋を用意しておきましょう。災害に備えて、安全に生きるために、軍手や手袋は必携です。

消防士に学びたい

コメント